探偵 鹿児島 | 鹿児島県鹿児島市の鹿児島調査サービスは浮気調査,不倫調査,ストーカー調査,等調査致します。

サイトマップ

かしこい 浮気調査・不倫調査とは?
無料相談、無料見積もり
かごしま調査サービスのブログ
調査報告書

カテゴリー

月別アーカイブ

携帯サイト

鹿児島の探偵会社 かごしま調査サービス携帯サイト

〒892-0816
鹿児島市山下町17-4
第一照国ビル301号
【Tel】0120-396-896

〒862-0972
熊本市中央区新大江1-6-24
【Tel】0120-381-609

〒880-0806
宮崎市広島1丁目3-5
いなはるビル2F
【Tel】0120-896-396

夫の不倫相手は従業員
2013年2月27日

依頼者:由 美(仮名)45才 妻 専業主婦

対象者:誠 一(仮名)47才 夫 会社経営

 

 

由美さん(仮名)の夫である誠一(仮名)は、会社経営をしており、従業員を数名抱えていた。

由美さんと夫の間には、一人娘がおり、県外の大学へ進学したことから、現在二人暮らしである。

これまで、娘の教育などに忙しかった由美さんは、夫に目を向けることが少なかったといい、二人で時間を過ごすようになってから、夫の行動のなかで怪しい点に気づいたといいます。

夫の行動に違和感を感じ始めたきっかけは、「接待なので夕飯はいらない。」と話すも、帰宅時にはお酒は飲んでおらず、飲食店に行ったような雰囲気ではないことだった。

あからさまにシャンプーの香りを漂わせ、帰宅することもあり、問いただすも、「サウナに行った。」と話すため、信用していた。

ところが、先日、友人より電話があり、先週の日曜日、某スーパーにて夫が女性と二人で車に乗るところを見たと聞いたといいます。

乗車した車両は軽車両で、女性が運転しており、まるで夫婦のようだった聞き、いてもたってもいられなくなり、調査を依頼したいとのことであった。

 

 

夫の行動を調査すると、すぐに結果が上がってきた。

夫は勤務を終えると、週に3回ほど、鹿児島市○○町にあるマンションへ向かい、3時間ほど滞在、その後帰宅していた。

妻には「接待」としていたが、同マンションにて食事を行なっていた様子である。

同マンションの住居人は、夫の経営する会社の従業員の独身女性(40代)であった。

この女性は10年以上夫の会社に努めており、このマンションの名義は夫であった。

休日には、同女性と共に、買い物や温泉に行くなど、夫は二重生活を送っていた。

 

 

(調査結果)

夫が従業員女性と不倫している事実が判明し、由美さんは女性と話し合いを行うことにした。

由美さんは、女の居住するアパートへ出向き、責任を問いただした。女はすぐに夫である誠一を呼び出し、3人で話し合いをすることとなった。

誠一は由美さんに対し「俺たちの関係は既に破綻していただろう?」と話したといい、女もそのように聞かされており、10年の付き合いであることを認めた。

由美さん自身も「子どものことで頭がいっぱいで、夫に対して希薄な態度だったかもしれない。」と反省したが、このままやっていくことはできないと判断、夫と話し合いを重ねた結果、離婚する事となった。

夫は妻に対し、財産分与として自宅と預貯金を渡し、慰謝料として300万円を支払った。

妻のブログを見つけた
2013年2月21日

依頼者:時 男(仮名)35才 夫 公務員

対象者:久 美 子(仮名)28才 妻 パート

 

時男さん(仮名)は妻である久美子さん(仮名)と結婚して2年目。
新婚生活真っ只中であるも、久美子さんは夫婦関係に消極的であり、長男である時男さんは早く子供を授かりたいあまりに、度々この話しを久美子さんに持ちかけ、「その事を言いすぎて嫌われたのかもしれない。」と悩んでいました。

時男さんが、早く帰宅した時の事、開かれたままの妻のパソコンを見ると、あるブログが開いていた。数分しか見ることが出来なかったが、妻のブログであると確信した。

その後、パソコンはロックがかかっており、見ることは出来なかったが、記憶していたタイトルからブログを特定し、観覧していたところ、ブログの主であろう妻の不倫の心情や状況があからさまに綴られていた。

外出した日にちなどを考えても、妻のものとしか思えない内容だった。

時男さんは「私の考えすぎかもしれませんが、どうしても一致してしまうので、本当なのかどうか確認したい。」とのことで調査を依頼いただきました。

 

 

「今日は友達とカラオケに行くので遅くなる。」と家を出た久美子は、○○町のカラオケ店に19時頃到着した。久美子の友達と思われる女性3名が、カラオケ店前で話しをしている。久美子が女性と合流し、店内へ入ると4名で部屋を借りる状況を確認したため、当社は時男さんに「女性同士でカラオケに入った。」との報告を行った。

ところが、20時30分には、久美子の車両が移動しており、○○方面へ走行している。

調査員が現場へ急行する。

久美子の車両に追いつき、車内を確認したところ、助手席には男性が乗車している。久美子は男性とともにラブホテルへ進行した

午前2時、久美子と男性がラブホテルを出ると、○○町の住宅街にて一旦停車、男性が下車する。

男性は住宅街のアパートへ進行し、2階の△号室へ入室した状況であった。

 

男性について精査を行ったところ、男性は妻のパート先の上司である事が判明した。

 

 

(調査結果)

妻の久美子は、パート先の上司と不倫している事実が判明、どうしても許せない時男さんは、まず、上司の男性と話し合いを行う決心をした。

男性は当初「そのような事実は無い。」と認めなかったが、当社の撮った写真を目にしたところ、「すみませんでした。」と誤ったという。

男性は「金がないので、慰謝料は分割でしか払えない。」と言い、今後一切妻と連絡を取らない事を条件に、150万円の慰謝料を月々10000円ずつ支払うことで和解した。

妻が習い事をはじめてから帰宅が遅い
2013年2月21日

依頼者:徹(仮名)49才 夫 会社員

対象者:千佳(仮名)45才 妻 専業主婦

 

徹さん(仮名)は二人の子どもを持ち、妻である千佳(仮名)と4人暮らし。

子どもも大きくなり、妻の千佳が「近くのジムでやってる体操教室に通いたいのだけど。」と相談があり、徹さんは快く承諾した。

ところが、体操教室に通い始めて1年が経つころには、妻の様子が変わり、以前は全く気にしなかった、容姿に気を使い始め、ネイルサロンにも通うようになった。

妻は、「同じ教室のママと友達になって、みんなやっているので私もしたい。」と嬉しそうに話すことから、「まぁいいだろう」の調子でいたところ、

「教室のママさんと飲み会や集まり」が増え、あまり自宅にいなくなった。

この頃から、妻の言動も変わってきた。

妻の携帯電話を覗いてみると、ロックがかかっており、妻に「なぜロックをかけているのか?」と問いただすと、「何で携帯みるの?!!」と大激怒。

今までは携帯にロックをかけるような妻ではなかった。

度重なる言い合いや喧嘩が耐えないことから、徹さんは、一度調査をしてみて、何もなければ妻を信用したいとの事で、調査を依頼されました。

 

 

 

専業主婦である千佳は、午前中に家事を終え、午後14時頃より近所のジムへ向かった。体操教室が終わった様子の千佳が、同じ教室のメンバーであろう主婦数名と、ジムの前で雑談を行っている。

その後、ジムの駐車場にて、使用車両に乗車し、携帯電話で通話を行う千佳の姿を確認する。千佳はジムを出ると、スーパーへ向かった。

スーパーの駐車場に到着した千佳が、下車する様子はなく、車内にいる様子である。

千佳の車の隣に、男性の運転する普通車両が停車、千佳は男性車両の後部座席に素早く乗車した。窓にはスモークがはってあり、中の様子は見えない。

千佳は車内にて1時間ほど過ごし、男性車両を下車すると、スーパー店内へ向かった。

男性車両は、スーパーを発進すると、鹿児島市○○町の会社事務所駐車場に停車した。白髪まじりの男性は50代後半だろうか。

男性について精査した結果、同会社事務所の社長であることが判明し、同事務所の2階が、男性の自宅であった。男性にも妻子がいる状況であった

 

男性の素行調査を行ったところ、同男性も週に3〜4回同じジムに通っており、ジム内で二人は出会ったと思われる。

 

「体操教室のママさんと飲み会」と話し、自宅を出た千佳は、先日のスーパーにて男性と待ち合わせを行い、ラブホテルにて深夜まで過ごしていた事実も判明した。

 


(調査結果)

千佳はジムにて出会った男性と交際している事実が判明した。男性にも妻子があることから、W不倫であった。夫の徹さんは、男性と直接話がしたいとのことで、千佳と男性が接触する現場へ踏み込む決心をされました。

男性はすぐに不倫の事実を認め、和解金として300万円を支払うことでまとまった。その後、千佳と話し合いをした結果、反省しており、子どもと離れたくないとして、離婚はしない方向でまとまった。

 

20歳代女性のお客様
2013年2月1日

 

拡大

 

[Q1]
数多くの探偵事務所がある中当社を選んだ理由は?

 

[A1]
ホームページをみて信頼できそうだと思って選びました。

 

[Q2]
当社の仕事ぶり、対応はどうでしたか?

 

[A2]
すぐ対応してください、報告も毎回して下さって大満足です。

 

[Q3]
調査前と調査後のお気持ちにどのような変化がありましたか?

 

[A3]

迷いがなくなり、前向きに考えられるようになりました。

 

[Q4]
同じような悩みをかかえている人たちに、一言おねがいします!

 

[A4]
まず、相談してみてほしいと思います。迷いがなくなります!

 

お客様へ

今回はご依頼ありがとうございました!

ご依頼前には、「この方向性で行きたいが、迷っている・・・」と深く悩まれていました。

調査を実施する中、当社のご報告する現実が思われていた状況とは違い、新たに発覚する事ばかりでした。

まだお若いにも関わらず、しっかりと現実を受け止められた姿は、私たちもパワーをもらいました。

最初に悩まれていた方向とは全く違う道でしたが、調査が終了と共に、しっかりと今後の方向が決まり、新たなスタートをきることができましたね!

これからも、応援しています!いつでも遊びに来てくださいね。

gototop