探偵 鹿児島 | 鹿児島県鹿児島市の鹿児島調査サービスは浮気調査,不倫調査,ストーカー調査,等調査致します。

サイトマップ

かしこい 浮気調査・不倫調査とは?
無料相談、無料見積もり
かごしま調査サービスのブログ
調査報告書

カテゴリー

月別アーカイブ

携帯サイト

鹿児島の探偵会社 かごしま調査サービス携帯サイト

〒892-0816
鹿児島市山下町17-4
第一照国ビル301号
【Tel】0120-396-896

〒862-0972
熊本市中央区新大江1-6-24
【Tel】0120-381-609

〒880-0806
宮崎市広島1丁目3-5
いなはるビル2F
【Tel】0120-896-396

不倫旅行
2011年8月30日

ご主人の携帯メールをチェックすると075_mobilephone.gif

今週末から不倫相手と温泉地へ旅行に行くようだ


とご相談をいただいた奥様であるH様。


奥様には友人と「ゴルフ旅行へ行く」と伝えてある。

これまで度々このようなことがあったが、

奥様は離婚をするつもりはないことから

今まで見て見ぬふりをしてきたとのこと。

しかし今回は奥様がご立腹。

その理由は不倫相手は、今回の不倫相手はご主人の勤務先の女性であり、

面識のある女性だという。

前回会った時も馴れ馴れしく話しかけてきたことから、

どうしても許せない!とのことで早速2日間の調査を開始。

ご主人(以下、本人)は午前6時「ゴルフへ行く」と言い車両にて自宅を出る。

市内の某所マンション脇に停車すると、不倫相手と思われる女性が本人車両に乗車。

女性は30代前半。依頼者が気にしている女性の雰囲気と一致する。

二人の乗った本人車両は高速道路を利用し、●●県の温泉地へ到着。

付近の飲食店で食事、森林を散策するなどした後、旅館へ向かった。

二人は終始腕を組み、恋人同士を満喫している様子であり、

その一部始終を証拠資料として撮影した。

翌日、旅館のスタッフに見送られ旅館を後にする本人たちの姿を確認、

そのまま高速道路へ向かい帰宅した。

この一部始終を依頼者へ報告。

女性の写真、帰宅先マンションから、

依頼者の思っていた夫の同僚女性であることが明確になった。



依頼者はこの事実もとに、
夫と女性3人で話し合いを行った。

女性は独身であり現在も両親と同居中であった。

依頼者は女性の両親も呼び出し、話し合いに。

示談で慰謝料200万円支払うことで和解、また夫と別れることを約束した。

依頼者は夫と離婚する予定はなく、

今後のためにもいい薬になったはず とのことであった。

W不倫
2011年8月26日

ご主人の浮気不倫のご相談で、

奥様から「ずいぶん前から浮気していると思います。」

とのお悩みで、当社にご依頼頂いたF様。

F様は50代女性。調査対象者は50代後半のご主人でした。



ご主人の調査を2週間お受けしたところ、直ぐに結果があがってきました。

それは、ご主人が会社経営であり、不倫相手がご主人の会社に勤めるパート社員であったことで、

直ぐに二人が情交関係にある事実が判明しました。

就業時間を過ぎた午後19時ごろ、会社の電気が消え、ご主人が会社より出ると

続いてパートの女子社員が数名共に退社。

ご主人が車で発進すると、付近の100円パーキングに車を停め、車内で電話を行っている。

そこへ、先ほど退社した女性社員の一人が、軽自動車で駐車場を訪れる。

ご主人が女性の車へ乗車し、コンビニエンスストアへ進行。

買い物を終え、女性車両にてラブホテルへ進行した。


ご主人はいつも残業といい午後11時頃帰宅すると言っていたが、実際は従業員女性と

ラブホテルへ出入りしていた。


続いて女性について精査するも、本人にも夫子どもがおり、夫は3交代制の工場勤務。

旦那の実家に同居している同従業員女性は、子供を旦那の親に任せ不倫していた。

2週間の調査の間、二人は4回ラブホテルへ出入りしていた。


この事実を夫に話したF様。F様はこの従業員女性の家族も呼び出し、

全員で話し合いを行うことにした。

女性の夫も数年前からうすうすは気づいていたという。

今回は双方の慰謝料請求はなく、女性が夫の会社を退職。

同女性はその後離婚したという。



W不倫の場合、別れるきっかけがないことから、ダラダラと関係が続く傾向があります。

早めの対処が必要です。

娘の交際相手が不安
2011年8月23日

娘の交際相手を調べてください。


そうご相談にいらしたH様ご夫婦。

32才になる娘が、紹介したい相手がいると自宅に彼氏を連れてきたが

どうも信用できないとのこと。

その男性は離婚歴があり、娘よりも10才年上であった。

男性は会社を経営しており 

「月に50万程度は稼いでいるので、娘さんに仕事をさせるつもはない。」

などと話しているものの、

ご夫婦の感想は「怪しいと感じる。」とのことだった。


早速、同男性の素行調査を開始。

 

早朝、男(以下、本人)は、一人暮らしのマンションより自分の経営する会社へ出勤。

会社はパート社員が2名の広告関係。

本人は会社から出る様子はなく、夜20時頃まで社内にいるようすであった。

しかし夜になると繁華街へ出向き深夜遅くまで飲みにでている状況であった。

この状況は慣習化しており、本人は深夜まで飲みにいくものの、早朝から必ず出勤。

経営する会社へ訪問客の出入りも非常に多く、経営もうまくいっているようである。

しばらく本人の様子を調査していると、本人が別の女性と食事をしている姿を確認。

女性の外見は飲食店で働くホステス風の女性であり、そのままその女性と飲食店へ同伴。

その日も午前3時ごろ帰宅した。

この事実を依頼者へ報告。

仕事っはとても真面目であるが、その裏で夜の付き合いも多い人物であった。

そのためご夫婦には影があるような人物に写ったのであると思料された。

ご夫婦は「娘が苦労することだけは避けたい」とするが

しばらくこの男性と家族で付き合ってみて判断しますとのことであった。

調査最終日に黒
2011年8月17日

複数回、浮気調査を行っても、なかなかしっぽをつかめない調査対象者がいます。

それはまれに月に1回しか相手と会わない方がいます。



理由はそれぞれですが


高齢である

遠距離である

お互いに家族がおり時間が合わない

本命外の相手であり、そう会わなくてもよい

風俗




当社では調査の報告をまめに行うが

当社「今日もまっすぐ帰宅され何もなかったですよ。安心されてください。」

お客様A様「いや。何か怪しいんです。。」

とお客様の気持ちは全く晴れない。



しかし調査をやってもやっても、まっすぐ帰宅。

そして1か月に渡り調査を実施、調査期間も終盤し差し掛かかったころ、

女性とラブホテルへ進行する夫の姿を確認。

※A様の場合は、ご主人が特定の若い女性と情交関係にあるものの、ホテルで待ち合わせをし、ホテルで別れたことから、特別な感情はないものと思料された。


当社「今日、ホテルへ入りました。」と報告すると

お客様A様「やっぱりそう思っていました。」

と女性の勘は当たる。


奥様は今回は大目に見るが、引き続き関係が続くようであれば証拠をもとに話し合いをするとのことだった。

お盆帰省時の行動
2011年8月9日

今週末には「お盆」「夏休み」シーズンがやってきますね。

そんな中でも当社は忙しく動いています。164_dash.gif

帰省中の夫や妻の動向確認を依頼するお客様がいらっしゃるからです。

数年前の事例になります。


奥様と子供(小学生と中学生)2名を連れ、実家へ里帰りしたH様。

H様のご主人は大手企業にお勤めで、お盆の期間夏休みでしたが

「仕事でいつ呼び出されるか分からない」ことを理由に

ご主人は自宅で留守番することになりました。

奥様の実家は関東。飛行での規制となる為、経済的にも高くつくことから、

今回は3人で帰ることに。


しかし、常日頃からご主人の行動に疑問を感じていた奥様。

携帯電話などをチェックしたこともないが、もしこの帰省の時期1週間にご主人が浮気していなかったら

ご主人のことを信られると「前向き」な調査を入れられました。

奥様と子供を空港へ送り届けた後から調査はスタート。

ご主人はそのまま自宅へ戻り、その日外出することは無かった。


翌日、ご主人は早朝より外出、友人と共にゴルフ場へ向かった。

夕刻までゴルフを楽しんだご主人、夜は同じメンバーで市内で食事。

午後23時頃、代行タクシーで帰宅した。


3日目、ご主人が自宅をでる様子はない。15時ご主人が車で外出、付近のパチンコ店へ進行、約4時間に渡り遊戯を行い、うどん店に立ち寄り帰宅した。


4日目お昼頃からご主人が外出、勤務先へ向かった。帰りにスーパーへ立ち寄り、食材を購入している姿を確認、そのまま帰宅した。


5日目、ご主人が家から出ることはなかった。


6日目、14時ご主人が車で外出、市内のゴルフショップへ向かう。

18時にはご主人の実家へ進行、21時ごろ帰宅した。


7日目、ご主人が外出することはなく、17時過ぎ空港へ迎えに出た。


ー調査結果ー

この事実をH様に報告したところ、大変喜ばれました。 

ご主人は奥様から電話をすると、大体同じような行動を報告していたとのことです。

ただ一つ「パチンコ」だけは言わなかったそうです。

電話口で妙にソワソワしてたのはこのせいでしょう。

しかし当社が見る限り、パチンコに依存している様子はないことから、気晴らしにパチンコに行かれたのだと思います。

ここまで見て女性と接触がなければ、完全な「白」といえます。

当社が太鼓判を押して調査が終了、奥様も「これで心のモヤモヤが晴れました!」と笑顔で帰られました。

奥様が前向きになられて非常に印象深い調査でした。

 1 2 Next >>
gototop