探偵 鹿児島 | 鹿児島県鹿児島市の鹿児島調査サービスは浮気調査,不倫調査,ストーカー調査,等調査致します。

サイトマップ

かしこい 浮気調査・不倫調査とは?
無料相談、無料見積もり
かごしま調査サービスのブログ
調査報告書

カテゴリー

月別アーカイブ

携帯サイト

鹿児島の探偵会社 かごしま調査サービス携帯サイト

〒892-0816
鹿児島市山下町17-4
第一照国ビル301号
【Tel】0120-396-896

〒862-0972
熊本市中央区新大江1-6-24
【Tel】0120-381-609

〒880-0806
宮崎市広島1丁目3-5
いなはるビル2F
【Tel】0120-896-396

30代女性
2017年4月28日

相談者:30代女性

 

相談内容:

夫の浮気が発覚し夫も一度は謝罪したが、本当に別れているのか、現状不安が続いていたため、調査をご依頼いただきました。


調査内容:

夫の車両管理を中心に3週間調査を実施。前回とは別の女性とアパートを借りて2重生活のように頻繁に接触していた。


調査後:

現在、弁護士事務所との相談を終え、どのタイミングで法的手段をとるか考案中。


調査感想:


 

40代女性
2017年4月6日

相談者:40代女性

 

相談内容:

夫の帰宅が遅いため、何をしているのかを調査したい。


調査内容:

まずは簡易調査をご契約。(2周間)
スタートして翌日には不審な動きがあったため(特定の場所に停車)長期の証拠取得調査へ移行し、本格的に調査を実施。


調査後:

ご主人と話し合いを進め、ご主人が不倫の事実を認め謝罪
現在は元の生活に戻っているが、今後が少し不安もある。


調査感想:

調査をして正解だったと思う。するべきものだったと実感している。


 

30代女性
2017年3月9日

相談者:30代女性

 

相談内容:

夫の不倫


調査内容:

離婚の申し出後、夫が家を出て行き、夫に不貞関係があるのか事実確認


調査後:

ご本人同士で話し合いの末、こじれた場合今回の資料を使い
法的な手段を取る。知人弁護士よりアドバイスをもらっている

 

夫が家を空けるようになった 
2013年3月18日

相談者:明 美 様(仮名) 女性  35才(専業主婦)

対象者:忠 行(仮名) 男性  29才(会社員)

 

これまで、明美さん(仮名)と夫の忠行は近所でも有名な「仲良し夫婦」。

二人の間には、1人の娘がいたが、1か月に1度は近所に住む忠行の姉に娘を預け、二人きりで食事に出るなど、明美さんは幸せな結婚生活を送っていた。

しかし、2か月前から夫の態度が急変、夫は仕事が終わっても帰宅時間が夜中12時を過ぎることもあり、休日は無言で出かけ、朝外出すると夜まで帰宅せず、家で過ごすことが無くなった。

何があったのか話しかけても、一切無視され、可愛がっていた娘に対しても冷たい態度を取るようになった。

忠行に対し「そんな態度でこれからも過ごすの?離婚したいのなら、ハッキリと言ってよ。」と確認するも、「分からない。」と答えただけだった。

明美さんは毎日が辛く、真実をみて答えを出すために、調査を依頼することにした。

 

 

忠行の勤務が終わる時間帯から、調査を実施した。

仕事を終えた忠行は、勤務先駐車場の使用車両に乗車したまま、携帯電話を操作している。

30分後、忠行の車が発進し、勤務先付近のコンビニエンスストアに到着する。

コンビニの前に立っていた女性は、忠行を待っていた様子で、忠行の車の後部座席に乗車した。

忠行は一人で車から下車し、コンビニにて食べ物と飲料を購入、コンビニを発進し、○○公園の駐車場に到着した。

暗がりの公園に着くと、忠行が運転席を降り、後部座席に移動した。

忠行と女性は、公園の駐車場に駐車した車の中で2時間を過ごした。

公園を出た忠行は、女性を○○町のマンション前にて降ろし、その後、自宅へ帰宅、女性はマンションの●●●号室に帰宅した。

 

休日の忠行の行動を確認、忠行は午前中に家を出ると、再び○○公園へ向かった。

公園には情交相手の女性が、自身の使用車両にて到着していた。

忠行は○○公園で、女性と待ち合わせを行っていた。

忠行は、車から下車し、女性の車の助手席に乗車する。

忠行と女性は、女性の車でラブホテルへ向かった。

朝10時より女性と接触し、19時まで女性とホテルで過ごした。

 

その後の調査で、女性の車を忠行の勤務先駐車場で確認したことから、同じ会社に勤める同僚であることが判明した。

20代前半の事務員の独身女性であった。

 

(調査結果)

夫の浮気が分かった明美さんは、女性がいるのは分かっていたが、実際に写真で見ると辛いです、と落ち込んでいた。

しばらく考えます、と話して数日後、明美さんから連絡があった。

「浮気相手の女性から連絡が来ました。」と話し、当社としても驚いた状況だった。

「忠行さんの携帯から連絡しています。忠行さんが奥さんと別れると言っていますが、話が進まないので、どうなっていますか?」と連絡が来たとのこと。

明美さんは「夫とは別れる話などしていません。」と返信したが、浮気相手女性からの連絡は途絶えることなく、増え続けるばかり。

度重なる連絡に、忠行もうんざりしている様子だったとのこと。

数週間後、忠行から謝罪があり、女性とは別れ、元の生活に戻ったとのことであった。

明美さんは、当社で得た証拠をもとに、弁護士を介し、女性に対し、慰謝料を請求する内容証明書を発送した。

 

妻が自分を避けるようになった 
2013年3月14日

相談者:良 一 様(仮名) 男性  42才(会社員)

対象者:里 子(仮名) 女性  40才(パート勤務)

 

今回の相談者は、妻の里子(仮名)と子ども(女児)2人と4人暮らしの、良一さん(仮名)42才。

ここ1年で妻の里子が急に冷たくなり、子ども達へ良一さんの悪口を吹き込み、家族の中で孤立してしまっている状況か続いていた。

良一さんが関係を修復しようと試みるも、いつ離婚してもいいといった態度で、休日は子ども2人を連れて毎週実家へ帰るようになった。

良一さんには、一つだけ心当たりがあった。

この1年妻や子どもに冷たくされたことに加え、夫婦関係も断られ続けたため、半年前に里子に怒鳴ってしまったと言います。

里子はいつもこの件を引合いにだし、「暴力的な態度を示す人間とは思わなかった。幻滅した。」と話すが、離婚を決断するか婚姻生活を継続するにあたり、何かあるのかハッキリさせたいとのことで調査を依頼することにした。

 

 

里子はパート勤務のため、休日の昼間を中心に、調査を実施した。

里子は良一さんと娘を家から送り出すと、ミニスカートにブーツ姿で自宅マンションより外出した。

里子は使用車両に乗車し、自宅近くのスーパーへ到着。

スーパー駐車場に停車していた、男性の乗った普通車両の隣に停車した。

男性が下車し、里子の車両に乗車、里子はそのまま自宅マンションへ戻り、男を自宅へ招き入れていた。

3時間後、男と里子が自宅マンションから出て、堂々と駐車場へ向かい、里子は男性を送った。

男性について精査したところ、里子の昔の交際相手であった。男性も妻帯者である。

その後の調査で、里子はパートが休みの日には、弁当を男性の勤務先付近まで持参する姿も確認できた。

 

 

(調査結果)

調査結果を良一さんに伝えると、1年ほど前に、里子は高校の同窓会へ行ったことがあったことから、そこで再開したのだろうとのことだった。

良一さんとしては、別れたくない気持ちが強かったが、現状のまま婚姻生活を過ごすのは無理だと判断した。

この話をそれぞれの両親と話し合いを持ち、里子にもとに戻れるように説得したが、里子から「慰謝料を払うので、別れてほしい。」と申し出てきたとのことであった。

良一さんは、ここまでしなければ自分で決断できなかったと思う。辛かった婚姻生活を思うと今のほうが幸せです。と話した。

 

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 Next >>
gototop